必読!女性用育毛剤の比較ランキング決定版
抜け毛・薄毛など女性の髪の悩みにおすすめの育毛剤を徹底調査!
必見!女性用育毛剤なんでもランキング
口コミ評判が高い女性育毛剤セレクション
育毛剤の効果をアップさせるために心がけたいこと

瀰漫(びまん)性脱毛症

女性の脱毛症のほとんどは瀰漫(びまん)性脱毛症と言われていますが、その特徴や症状、対策方法などについて解説します。

20代でも「つむじの薄毛」や「はげ」に悩む女性は多い

「びまん性脱毛症」は男性の脱毛症のように額や頭頂部など特定部分が薄くなるのではなく、頭全体の毛が抜けて薄くなるという女性に多く見られる脱毛症です。びまん性脱毛症によって、20代の女性でもつむじがはげてきてしまうこともあります。

原因はダイエットやストレスによるホルモン分泌異常、病気や投薬の影響など様々で、20代の女性にも増えています。

男性の脱毛症同様、毛髪の成長を休止する休止期の割合が多くなり、その結果として抜け毛が増えて薄毛になっていきますが、特定部分が薄くなるのではなく全体が徐々に薄くなっていくるので最初のうちは気づかないことが多いです。

脱毛症であることを自覚するのは髪が細くなってコシがなくなり、いつものようなスタイリングができなくなった時に気づくことが多いようです。

なんとなく髪の毛が薄いように感じたら頭髪全体をチェックしてみるようにし、あまり見ることのない側頭部や後頭部は見逃しがちなので特に念入りにチェックしましょう。

女性の脱毛症のほとんどがびまん性脱毛症

女性の脱毛症のほとんどが瀰漫(びまん)性と言われますが、脱毛原因には次のようなものがあります。

ストレス

精神的ストレスが原因で急激に薄毛になる場合があります。

ダイエット

過度のダイエットは毛の成長を維持できなくなり、休止期が増えて脱毛が起きてしまいます。

ピル(経口避妊薬)

女性ホルモンが分泌されている期間は休止期が減るので脱毛が減り、服用を中止すると休止期が一時的に増えます。

ヘアケアしすぎ

ドライヤーを近づけて乾かしたり、過度なブラッシングなどは薄毛、抜け毛の原因になります。1日に数回シャンプーしたり、シャンプー剤が十分に落としきれていない場合も抜け毛の原因になるので注意しましょう。

老化

老化は細胞そのものの動きが鈍くなるので、老化が原因の脱毛症状は誰にでも起きる現象です。

瀰漫(びまん)性脱毛症の治療

もう治らないかも・・・と落ち込む方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに心配することはありません。

びまん性脱毛症は、原因を取り除くことができれば改善する可能性が高いからです。

精神的に落ち込んでストレスをためてしまうと円形脱毛症などを併発してしまうこともあるので、まず医師に相談し症状に合わせた治療を始めましょう。

育毛剤や育毛用シャンプーを使って頭皮ケアをしたり、生活習慣を見直すことも大切です。